呼び込みの具体例

風俗の呼び込みは、性的サービスがある店は当然ながら使えるワードの範囲が広がる。だから、お触りなしのキャバクラとは、比較的呼び込みの叫ぶ内容がダイナミズムに富んで面白い。その呼び込みにいちいちツッコむだけでも楽しめる。本当はそれが本懐ではないのだが。

一例としては「ご予約のおっぱい出来あがっているよ!」だ。そもそも予約をしていない。おっぱいに予約が必要だとも思わないが、実はそう言いきれるほどおっぱいの生態について詳しくないという弱みもある。実はたわわなおっぱいというのは、職人が丹精込めて朝から仕込むものなのかと思ってしまう。しかし私の場合は、仕込むのは嬢の親御さんのはずだからおかしいと気付き、事無きを得た。 また、おっぱいといえば「乳首のラジオ体操いかがっすか?」というのもある。乳首をつまんで何をするというのか。それを聞いた私は「朝までコースの隠語だな」と解釈することによって事無きを得た。第2まであるのだろうか。

最後は呼び込みを断る時に「今からカラオケに行く」と告げた際の「ご自分のマイクは使わなくていいんすかw?」という会話だ。草を生やすな。そして大きなお世話だ。合コンだったらどうするんだ。いや、違うけども。よしんば合コンだと告げたとしても「サーセンwww」などと言われてしまうことだろう。